教育者として

Vivo教室長の藤森です。

プログラミング教室に通っている小学生の生徒からこんなことを聞かれることがあります。

「先生も小学生のときプログラミング習ってたん?」

・・・先生が小学生のときはプログラミング教室なんてなかったよ(笑)

「じゃあ何を習ってたん?」

私は小学1年生のときからサッカーをやっていました。いわゆる典型的なサッカー少年です。

平日は学校が終わってから毎日練習、土日は試合。試合の次の日だけ唯一の休みでした。

当時はそれが当たり前だと思っていたのですが、毎日練習があるチームは結構珍しいみたいです。

毎日練習できないのは、練習場所が確保できない、指導者がいないなどの理由によるものですが、改めて大人になった今当時を振り返ると、本当に良い指導者、良い環境に恵まれていたんだな~としみじみ感じます。

私は少年団のチームだったので、クラブチームとは違いレッスン料などもいらなかったので、監督やコーチは毎日無償で指導してくれていたのです。

温かく、時に厳しく真剣に指導してもらったサッカー少年時代は今も自分の心の財産となっています。

今プログラミング教室に通う子供たちが大人になったときに「あの頃いい先生に恵まれたな~」と振り返ってもらえるように、私も教育者の端くれとして、子供たちに心の財産を残せるよう日々精進していきたいです!

プロバイダ料金

Vivo教室長藤森です。

シニアの生徒さんから、インターネットのプロバイダ料金が安くなると営業の電話がかかってくると聞きます。

電話で色々説明はしてくれるけど、難しくて意味がわからないと言われる方が多いですが、実際にプロバイダ料金が安くなるのかどうかはインターネットの回線をどこにされているかにもよりますし、お得になる業者は人によって違うのでこの業者が一番お得!とは断言できません。

先日私に相談された生徒さんは、スマホをドコモで契約されていたのでプロバイダもドコモのセットプランに乗り換えると安くなりました。

さらに調べているうちに、娘さんからプレゼントされたという全く使っていないiPadのSIM通信(LTEや4G等の電話回線を使ったインターネット)使用料が月々7000円も引き落とされていることがわかり、すぐに解約しました。

外出先でも iPadでインターネットをする方はSIM通信を利用するメリットがありますが、家でしか使わない方はご自宅のWi-FiでインターネットができるのでSIM通信など全く必要ありません。

最近はシニアの方もスマホを持たれている方が多いので、なおさら外出先でiPadを使ってインターネットをされる機会もないのではないでしょうか。

今回の生徒さんのように調べてみると無駄な料金を払っていたりする場合もありますので、気になることがあれば相談してくださいね~!

ハロウィン

Vivo教室長の藤森です。

もうすぐハロウィンですね!

ということで教室にもハロウィングッズを飾っています。

それにしてもこのハロウィン、世代によって全然盛り上がりが違いますよね(笑)

今の子供たちにとってハロウィンは物心ついた頃からの馴染みのあるイベントな訳ですし、クリスマスに匹敵するぐらいのビッグイベントのようですね。

10代・20代の若い子たちにとってもコスプレなんかで人気ですよね。

一方、、、私のようなアラサー以上の世代になるともう全く馴染みがないんじゃないでしょうか?笑

実際ここ10年くらいで急激に盛り上がってきた感じですよね~!私が子供のころはハロウィンなんてなかったですからね!

ハロウィン論争はたまにネットなんかで見受けられますが、極端な人は「ハロウィンは西洋の文化で日本には関係ないし、そもそもクリスマスもキリスタンじゃない日本人には無関係だ!」と主張している人もいます。。。

たしかにハロウィンもクリスマスもルーツは西洋の文化ですし、日本ではそれを独自に日本流にアレンジして発展していった訳ですが、そんなに気難しく考えず、コスプレをしたり見たり、ハロウィン限定スイーツなんかを楽しむイベントなのだと割り切って楽しめばそれでいいのではないかと個人的には思っています。(もちろん渋谷の件のように人に迷惑をかけるのはいけませんが)

とは言ってもなかなかハロウィンが馴染めない藤森なのでした・・・(笑)

皆さんはハロウィンに対してどのように思われていますか??

秋風が立つ今日この頃

Vivo教室長藤森です。

最近すっかり肌寒くなりましたね!

季節の変わり目は風邪を引きやすいので皆さん気を付けてくださいね!

そうゆうも私も鼻声です・・・(笑)

さて、この時期になると皆さんは何を想像しますか?

お祭り、紅葉、ハロウィンなど色々思い浮かぶと思います。

私にとって秋といえば・・・

運動会!!

私が小学生のときは運動会は秋に開催されていました。最近は6月くらいのところが多いですが。

運動会は小学生当時の私にとってはとっても重要な一大イベントでした。

というのも運動会の最後に「地区対抗リレー」があったのです。

地区ごとに予選をして、1年~6年まで各学年2名ずつ代表として選抜されるのです。その選ばれし者が地区の威厳と誇りを背負いリレーを走るわけです。

わたくし藤森は自分で言うのもあれですが長距離は得意だったのですが、短距離はまぁまぁ速いというビミョ~なところで、だいたい3位の補欠でした(笑)

2位までが代表なので、毎年地区リレーに出場できず悔しい思いをしていたのです。

肌寒くなってくると、地区リレーの予選が近づきプレッシャーと重圧に押しつぶされそうになっていたな~と当時を思い出すのです(笑)

ちなみに4年生のときに1度だけ2位になって地区リレーに出場することができました。

これまでも、そしてこれから先もこれ以上嬉しいことはないだろう。。。と当時喜び噛みしめていたのを覚えています(笑)

秋は旅行やいろんなイベントに行かれる方も多いと思いますので、カメラやスマホで撮った写真の整理など、困ったことがあったらスタッフに教えてくださいねー!

Vivoブログスタート!

皆さんこんにちは!

私、Vivo教室長の藤森でございます!

このブログではパソコンや教室の様子についてはもちろんのこと、
スタッフの日常や生徒さんとのお話なども載せていきます。

このブログを読んで頂いた方が、Vivoを身近に感じて頂けるような

「アットホーム」

な内容でお送りします。

お楽しみにしていてください !